日曜礼拝

6月2日:滝口洋子牧師「聖霊の働きを信ず」

{音声ファイル前半}

 2019年第2四半期(4月~6月)の最後の月に入りました。この月が終われば、今年も半年が“矢の如く”に過ぎ去ったことになるのです。

 滝口洋子牧師が、助け主である真理の御霊の働きについて、ペンテコステ(聖霊降臨日)を前に熱く語った。聖餐式にも。礼拝計48名(CS 5名)。

 昼食後、「6月誕生者」の佐藤謙君(1日,8歳に)、鈴木尚代姉(11日,80歳に!)、佐藤眞理子姉(13日,古希!)、熊田靖子姉(29日)の4人をお祝いした。

★「聖霊の働きを信ず」(ヨハネの福音書16章5~15節)★

聖霊については、すでにヨハネ14章16節で「わたしは父にお願いします。そうすれば、父はもうひとりの助け主をあなたがたにお与えになります」とはっきり約束されています。つまり、「真理の御霊」である聖霊は、私たちを助けるためにイエス様を通して与えられたのです。

助け主である聖霊の働きは、使徒たちの証しが反対や迫害によって弱められることがないように助けることでした。その結果、この世は、聖霊の働きによって三つのことを(①罪について②義について③さばきについて)「世にその誤りを認めさせる」(16:8)ことが出来るのです。

聖霊の働きを素直に信ずる時、私たちは解放され平安で自由なのです。