恵みのしずく

「恵みのしずく」について

恵みのしずくと題して主から頂いた数え切れない恵みの一端を綴ります。

  • 恵みのしずく(36) 「キリスト・イエスを知っていることのすばらしさ」 ━イエス様にお仕えして35年━ (大竹 堅固)

    上記表題の一文は、5年前の私たちの「金婚式」(註:結婚50年記念)のお祝いに娘のウォーレン志保子一家が7月12日から2週間カナダに招待してくれた折りの7月17日(日)に、その教会「CAN」(Churc・・・


  • 恵みのしずく(35) 「聖なる地を望みて」 (安東 優)

     上記表題の一文は、私たちの旧い信仰の友である安東優(まさる)兄弟が、2014年1月19日(日)に聖望キリスト教会で語った礼拝メッセージです。  彼は、その約3年前の「東日本大震災」を機に、長い勤め・・・


  • 恵みのしずく(34) 「神のとき(*カイロス)」 (柳沢 美登里)

     上記表題の一文は、「声なき者の友」の輪(FVI:Friends with the Voiceless International)のカタリスト(註:catalyst;①[化]触媒②〈触媒的な〉要因と・・・


  • 恵みのしずく(33) 「聖地イスラエルの旅」 (池田 雅臣)

     上記表題の一文は、古い貴重品を入れた私の「ケンジーの宝物入れ」の中に収納されていたもので、最近、再発見したものです。鉛筆書きで「金町教会で、帰国後、口頭報告した際のメモです。いずれ報告書にしたいと思・・・


  • 恵みのしずく(32) 「あらゆる状況にあっても神を信頼すること」(ソフィア真愛(まな)ウォーレン)

    恵みのしずく(32) 「あらゆる状況にあっても神を信頼すること」 箴言3章5〜6節 2021年1月17日(日)カナダ「CAN」にて (ソフィア真愛(まな)ウォーレン)     今・・・


  • 恵みのしずく(31)「年々歳々、心こめて・愛こめて」(Ⅴ) (藤崎 信)

    「年々歳々、心こめて・愛こめて」(Ⅴ) (藤崎 信)     〈10月の便り〉    「連絡が遅れましたことをお詫びいたします。涼しい8月、日照りの9月と面白・・・


  • 恵みのしずく(30) 「年々歳々、心こめて・愛こめて」(Ⅳ) (藤崎 信)

    〈7月の便り〉   「一昨日より泊まり込みで、日立で前夜式・告別式を行ないました。7月より新しい牧師(島田進師)が日立教会に参り、就任式は8月30日という予定であります。私はこの人・・・


  • 恵みのしずく(29)

    恵みのしずく(29) 1.「クリスチャンの使命」 (福澤 満雄) 2.「献 堂 の 辞」 (大竹 堅固)     上記表題1.は、2010年11月21日(日)の主日礼拝における・・・


  • 恵みのしずく(28)「野のゆりの美ーアートという人生」(マコト・フジムラ)

    「なぜ着物のことで心配するのですか。野のゆりがどうして育つのか、よくわきまえなさい。働きもせず、紡ぎもしません。」(マタイ6:28)    上記表題の一文は、2010年11月28日(日)アドベント・・・


  • 恵みのしずく(27)「揺るがない愛と信仰の賜物」(ウォーレン志保子)

    「揺るがない愛と信仰の賜物」 詩篇139 1:1-16・第1 ペテロの手紙1:1–9 (ウォーレン志保子)    上記表題の一文は、現在、カナダのバンクーバーにある「CAN」Chur・・・


  • 恵みのしずく(26)「愛が創る世界」(マコト・フジムラ)

    「愛が創る世界」 ―ヨハネの手紙第一4章8節― (マコト・フジムラ) 「愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。」  上記表題の一文は、2020年7月5日の聖望キリスト教会の・・・


  • 恵みのしずく(25) 「年々歳々、心こめて・愛こめて」(Ⅲ) (藤崎 信)

    〈5月の便り〉  「週報のお仕事の上に、主のねぎらいと祝福を祈ります。受洗者の与えられたこと(註:昨年10月5日に奥野静枝姉・12月7日に山本邦昭兄が藤崎牧師より受洗)、聖霊の御働きと感謝します。 ・・・